シックハウス症候群

化学物質過敏症

化学物質過敏症とは、ごく微量な化学物質や薬物などに反応して、いろいろな症状を起こしてしまう病気です。この病気は、その人の化学物質や薬物の許容範囲を超えたときに症状が現れます。やはり、この場合でも許容量は個人差が大きくなります。化学物質過敏症を発症すると、通常の生活自体がままならなくなってしまいます。それは、ごく微量の化学物質は外気には必ず含まれているため、外に出ることはおろか、実生活の日用品についてもほとんどの製品が使えなくなってしまうからです。現在、私たちの生活において化学物質や薬品などは、身の回りに多数存在しています。見渡す限りのもの全て、化学物質といっても良いのではないでしょうか。そのため、この化学物質過敏症は深刻な病気のひとつです。

化学物質過敏症の症状

化学物質過敏症の場合は、普段の生活を送ることが困難になります。症状が軽くすんでいる場合には、その原因を排除することにより生活をすることができますが、症状が重い場合には、身につける衣類や生活用品が使用することができないことや、不眠などが起こります。この病気の障害の種類としては、自立神経系・精神系・気道系・消化器系・眼科系・内耳系・運動器系・循環器系・免疫系などが上げられます。また、症状としてはものがあります。

  • 自立神経系(手足の冷え・頭痛など)
  • 精神系(不安・うつ状態・不眠など)
  • 気道系(のどの痛み、味覚異常など)
  • 消化器系(下痢・便秘など)
  • 眼科系(目の充血・視力の低下・目のかゆみなど)
  • 内耳系(めまい・難聴・耳鳴りなど)
  • 運動器系(まひ・筋力の衰え・関節痛など)
  • 循環器系(不整脈・高血圧・低血圧など)
  • 免疫系(免疫異常・喘息・皮膚の炎症など)

このような症状を、一般の生活で常に向き合わなければならないのが、この化学物質過敏症なのです。

化学物質過敏症の治療と対策

化学物質過敏症の場合は、治療には薬剤に対しても症状が出てしまうために、薬剤で症状が抑えることができません。この病気の場合の抑える方法は自然療法しかないのです。対策としては、少しでも多くの化学物質を取り込まないようにするということが、一番重要なことになります。そのためにも、住宅環境の整備にもなるべく化学物質が気化しないものを使用したり、食物はできるだけ自然食品を摂取したり、水などにも含まれている化学物質を取り去って使うようにしましょう。そのほかにも、生活用品にも気を使い、成分なども確認するようにして大丈夫なものであれば、使用するようにしましょう。ほかには、体内の化学物質を出すようになるべく汗を出すようにする、規則正しい生活を心がけストレスのない生活を送るようにすることが、症状の悪化を防ぎます。

シックハウス症候群と化学物質過敏症の違い

シックハウス症候群と化学物質過敏症の症状は、似ているところが多くあります。化学物質過敏症になった場合には、シックハウス症候群と同じような対策を取ることになることも同じですが、この二つの病気の違いは、シックハウス症候群は、1種類の化学物質に汚染されている屋内(新築の家)に入った場合に症状が現れます。それに対して、化学物質過敏症では、ごく少量のさまざまな化学物質で症状が現れるので、どんな場所でも発症してしまいます。しかし、この二つの病気は切ることのできない関連性があります。なぜなら、シックハウス症候群という症状は、化学物質過敏症の初期の段階といえるからです。シックハウス症候群の症状が進むにつれて、化学物質過敏症になる傾向が強いのです。シックハウス症候群の段階で何らかの予防策や対策を行い、症状の進行を食い止め、改善することが重要となります。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の現状
シックハウス症候群とは
化学物質過敏症との違い
シックハウス症候群が要因となる病気
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする