シックハウス症候群

シックハウス症候群が要因となる病気

シックハウス症候群になるとさまざまな症状のほかに、シックハウス症候群を要因としてさらにいろいろな病気が発症します。シックハウス症候群が発症するときには、体の中の化学物質に対しての許容範囲を超えています。このときに、アレルギーや喘息などのアレルギー性疾患にかかりやすくなってしまいます。しかし、症状が進むにつれて数種類の科学物質や電磁波など、いろいろな種類のものに反応し症状が現れ始めると、ここでシックハウス症候群が化学物質過敏症に換わってしまうことになります。そのため、シックハウスであるのかどうかを早めに知ることが必要であり、もしもシックハウス症候群であるならば、それに対する治療と対策をすることが重要となります。

アレルギー

アレルギーという言葉はよく聞きますよね。アレルギー症状の発症する仕組みを知っていますか?アレルギー症状とは、シックハウス症候群と同様にアレルゲンに対する体内の許容範囲を超えることによって体がそのアレルゲンに対応ができなくなる症状をいいます。シックハウス症候群とアレルギーの発症の仕組みは似ているのです。そのため、シックハウス症候群になるとアレルギー皮膚炎などの湿疹が出ることがあるのです。いままでは、大丈夫だったペットや食べ物に関しても症状が出た後にアレルギーになってしまったりしますが、この段階で病院ではアレルギーと診断されるでしょう。しかし、そのアレルギーを起こした要因がシックハウス症候群だと気づかないことが多いのです。自分ではなかなか気づかずに病状が進行してしまうのがシックハウス症候群です。

ぜんそく

ぜんそくの原因は、アレルギー反応や細菌・ウィルスなどが原因で、気管支内に炎症を起こします。この炎症が慢性化することによりぜんそくになります。症状としては発作が起こり激しい咳や呼吸困難、過呼吸などが起こり生命を脅かすこともあります。ぜんそくの発作はアレルゲンや冷気、ストレスなどの精神的なものなどによって過敏に反応してしまい症状が現れます。シックハウス症候群では、普通のぜんそくと同様に化学物質により気管支内に炎症を起こします。このため、空気の汚染されている室内に入った場合に発作を起こします。この状態ではぜんそくの治療をしても原因が室内の空気の中にあるために問題の解決にはなりません。やはり、化学物質を少なくする方法を実践し、早めの対策を行うことが重要です。

化学物質過敏症

シックハウス症候群の症状が重度になり、ごく微量の化学物質に対して反応し症状が現れてしまう病気のことをいいます。この病気では、ごく微量の化学物質に反応してしまうために、生活すること事態が困難となってくる病気の一つです。治療法なども明確な方法はなく、薬剤に対しても反応してしまうために、薬剤を使うことができません。また、生活するための家具や生活用品などには、原因である化学物質が含まれているものがほとんどです。化学物質といっても、数多くあり、その中から自分の症状の出ないものを探すのは容易なことではありません。この病気になった場合には、まず自分で使えるものと使えないものを分ける必要がありますが、あまりにもすべてを除去してしまうと、家族などにも嫌がられる可能性があります。まず、家族や知人などに病気のことを理解してももらい、それに伴った対応が必要となります。化学物質過敏症が重度になってしまうと、呼吸すること事態が苦痛になります。また、衣服に関しても着る事ができなくなったりします。そんな、化学物質過敏症やシックハウス症候群にならないためにも、事前に対策や予防法を行っていくことを考えてみてはいかがですか。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の現状
シックハウス症候群とは
化学物質過敏症との違い
シックハウス症候群が要因となる病気
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする