シックハウス症候群

建築前のシックハウス対策

シックハウス対策は新築を立てるときに行うとよりよい住まいができると思います。立てた後では大掛かりな設備の設置などは大変です。建てる時にはいろいろな場所に対しても注文することができます。家は高い買い物です。最初から安心で健康で暮らせる家を建て、後悔しないものを建てましょう。

壁紙の選び方

壁紙も室内のイメージを作るものですが、壁紙を選ぶときには化学物質が使われているかどうかで判断することによりシックハウス対策になります。壁紙によっては、壁自体の呼吸を妨げ、室温調整や湿気などがたまってしまったりします。壁自体が呼吸できる壁紙を使い湿度などの調整機能があり、化学物質を放出しなければより健康で快適な生活をおくることができるのではないでしょうか?

木材の選び方

家を建てる建材として最も多く使用されるのが木材です。しかし、この木材は防腐処理がされてあったり、シロアリ対策の薬剤に漬けておかれたりしている可能性もあるんですよ。そんな、化学物質にあふれている家に住みたいとは思いませんよね?そこで、建材に対しての化学物質を使わずにどうやってほかの木材を使ったらいいのか、などを解説していきます。

塗料の選び方とその対策

塗料と聞いて思い浮かべるのは、たぶん溶剤系の塗料が主として思われがちですが、この溶剤系の塗料には化学物質の使用が絶対に必要となります。そのため、シックハウスの原因となる揮発性の化学物質が多量に使用されます。そのために、化学物質を使用しない塗料などが開発され実際に使用されている住宅もあります。たとえ、化学物質が使用されていたとしても、その塗料に対する対応策がないわけではありません。実際、ベークアウトといった方法で、少なからず化学物質の汚染を減らすことができるのです。そうした、塗料についての情報と対策を紹介していきます。

シックハウス対策の設備と環境

シックハウス対策で欠かすことのできない換気についての設備の種類を紹介するとともにその換気システムの利点と欠点について紹介していきます。また、カビやダニなどの繁殖の原因ともなる結露対策やそのほかのシックハウスを防ぐための環境対策についても紹介していきます。


Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
建築前のシックハウス対策
壁紙の選び方
木材の選び方
塗料の選び方とその対策
シックハウス対策の設備と環境
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする