シックハウス症候群

木材の選び方

家を建てるときに、通常使われることの多い木材は既に防腐処理などがしてあります。防腐処理のされている木材からは、ホルムアルデヒドなどの有機化学物質が検出されます。ほかにも、合板などといった木材は、薄く切った木材を重ね合わせ接着剤などによって1枚の木材にしているものもあります。このような合板は価格も安く使用する際にとても簡単に使えるという点がありますが、接着剤を使っているのでホルムアルデヒドなどが発生します。最初の段階でわかっていたらそんな素材は使用したくないですよね。

自然素材である無垢材

家を建てるときに使用する木材で、化学物質を含んでおらず、自然素材である無垢材などが上げられます。無垢材とは天然の木を加工した一枚板のことをいい、合板のような接着剤の使用はありません。防腐剤についても使用していないので化学物質が気化することもありません。シックハウス対策を目的とるす場合にはとてもいい木材だと思います。

優れている点

無垢材の優れている点というのは、木材には呼吸する能力があるのをご存知ですか?木材は湿度が高くなってくると、湿気を吸い込み、空気が乾燥していると湿度の高いときに吸い込んでいた湿気を吐き出すという特性を持っています。この特性により、空気の湿度の調整をしてくれるので快適に生活することができるようになります。また、合板のような張り合わせの木材ではないので木材の強度なども強く、接着剤などの化学物質や防腐剤なども使っていないので、化学物質などは気化することはないでしょう。

注意しなければならない点

無垢材を使用するに当たって注意しなければならないのは、こまめに手入れをしなければならないということです。自然の木をそのままの状態で使用しているために、環境によっては木が反ってしまったり、隙間が開いてしまうなどの、木材の変形が見られたりします。これは、木が呼吸している・生きているということなので、それに対しての手入れをまめにしていかなければなりません。またすべての無垢材がその人にいいとは限りません。アレルギーの問題で杉の木が使えなかったり、ひのきが使えなかったりします。自分がどんなものに対してアレルギーなのかを調べておき、もしアレルギーが木材とかかわりのあるものであるならばその種類以外の無垢材を使用することによってシックハウス症候群の症状が和らぐこともあります。

建材によるシロアリ対策

シロアリ対策といえば、化学物質を散布することによる駆除を思いつきます。新築のときには土台としても木材は防腐処理と防蟻処理が施されていますが、化学物質が多量に使用されていることはご存知でしょうか?このシロアリ対策については、化学物質ではなく天然の素材でどうにかならないのでしょうか。いえ、何とかなります。シロアリのあまり好まない硬い木材であるひのきやヒバなどを使うことによって軽減することができます。これらの無垢材に、自然の薬剤である木酢液などを散布することにより、さらにシロアリ被害を軽減することができます。またそのほかの方法としては、土台を建てるときに防湿・防蟻シートなどを使用し蟻の侵入を防ぐ方法などもあります。この防湿・防蟻シートは、シロアリに対する対策としてだけでなく、床下の防湿にも効果があります。こうした防湿・防蟻シートやシロアリの好まない無垢材などを組み合わせることによって、シロアリ対策を化学物質を使わずに行うことができるので、安全で住み良い住宅を建てるときにはこうした方法がオススメです。しかし、こうしたものを使用するとなるとコスト面では普通に立てるよりも割高になってしまいますが、健康住宅を建てるときには仕方がない出費として考えるべきなのかもしれません。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
建築前のシックハウス対策
壁紙の選び方
木材の選び方
塗料の選び方とその対策
シックハウス対策の設備と環境
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする