シックハウス症候群

壁紙の選び方

新築するときにはリビングや部屋の位置などを考えそれにあった照明効果を考えた壁紙などを選びますよね。壁紙も最近ではいろいろな種類のものができて、空間を見せるひとつの手段となっています。壁紙を選ぶだけでもかなり時間を費やしてしまいそうです。しかしここで、健康を気遣った壁紙を選ぶことも忘れてはいけません。これから、長い間住むための住宅を建てるわけですから、いろいろな意味で考えなければなりません。自分の健康のため、家族のため、生まれてくる赤ちゃんのためにもその家は健康を害するものであってはいけないのです。そのためにも壁紙くらいと思わずに、壁紙に含まれる化学物質などにも気を配って選ぶことが必要となります。

自然素材の選択

住宅の壁にはクロスと呼ばれる壁紙が貼ってあります。通常良く見かける壁紙は塩化ビニールクロスで接着剤にはホルムアルデヒドが混入されています。この壁紙は法律で定められている基準は守られて作られているので問題はないとは思いますが、やはり健康住宅を建てようと思う人たちには問題があるように思えます。また、塩化ビニールのクロスは製造過程においてクロス自体をやわらかくするために可塑剤が使われているために、可塑剤自体が気化する可能性もあります。やはり、ホルムアルデヒドなどの人体に悪影響のある物質を含んだものよりも含まないものを選びたいですよね。そこで、化学物質の含まない壁紙といえば、自然素材でできた布クロスや紙クロス、木をいかしたものが選択されます。

布クロス

布クロスはその名のとおり自然素材のものを編みこみ布にしたものをクロスとして使用しますので、ホルムアルデヒドや可塑剤などは使用していません。見た目に関しても高級感が出ます。そのほかにも布なので通気性があるので空気を遮断することなく湿気の調整機能があるので結露しにくくなるという特徴を持っています。しかし、布クロスにも欠点はあります。それは、汚れが落ちにくいということです。ほかにも単価が高いということもあります。

紙クロス

紙クロスも布クロスと同様に天然素材で作られています。そのためホルムアルデヒドなどの化学物質は含まれていません。紙クロスの長所としては通気性があるために湿度の調整機能があり布クロスと同様に結露しにくくなるということがあります。ほかにも、紙ということで柄や色などがさまざまあり、自分の好みに合ったものが見つけられるかもしれません。欠点としては、紙クロスは普通のクロスよりも薄いために下地をしっかりと造らなければならないという点で費用がかさみます。また、薄いために張替えをしようと思ってみてもなかなかはがすことができないという点があります。

木を使った壁

化学物質を使用していない木材をそのまま壁紙としてというか壁として組み合わせる方法もあります。これに関しては合板などのあわせ板は使用せずに本来の木をそのまま使うことがいい方法です。しかし壁紙に比べてかなりの値段の違いがあり高価になってしまいます。ただすべての壁を自然素材の木目にするとログハウスにいるような気分になることは間違いないでしょう。

壁紙用の接着剤を考える

壁紙を貼る時の接着剤としては間違いなく、ホルムアルデヒドなどのシックハウス症候群の原因として言われている物質が混入されているものは避けましょう。現在ではホルムアルデヒドなどを使わない壁紙用の接着剤もありますのでそちらを使うことをオススメします。壁紙に布クロスや紙クロスを選んだのでしたら、間違いなく接着剤についても化学物質の含んでないものを選びましょう。

こういった環境を変えることによってシックハウス症候群やアレルギー、化学物質過敏症などの症状が緩和できると思います。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
建築前のシックハウス対策
壁紙の選び方
木材の選び方
塗料の選び方とその対策
シックハウス対策の設備と環境
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする