シックハウス症候群

シックハウス症候群の原因

シックハウス症候群とは新築やリフォーム、害虫駆除などをしたときに使われた化学物質によって引き起こされる病気です。使用されている、化学物質は気温が上がると徐々に気化していきます。気化すると機密性の高い室内ではこの化学物質が逃げ場を失い室内の空気自体を汚染し、呼吸によって体内に取り込まれ発症します。このシックハウスについての原因の多くは、室内の機密性が高いため空気の循環がうまく行われていないことが、要因になっているといってもいいでしょう。しかし、問題はやはり使われている化学物質にあります。

室内の原因

室内において、インテリアのための壁紙やそのほかのインテリアについて使用されている化学物質などの種類と、それによって引き起こされる症状とはどんなものなのでしょう。室内環境では、壁紙に使われている接着剤やハウスダストなどが原因の一部としていわれていますが、ここではホルムアルデヒドについてと、ハウスダストについての使用目的と問題点について解説していきます。

家の見えない部分の原因

住宅において、自分ではなかなか見ることのできない部分に屋根や壁の中があります。また、建てているときにはあまり気にならない建材のことについても説明しています。化学物質が主に使われているのは、主にその建材に対するものであったりします。そんな建材に使われている化学物質について、よく使用されている化学物質を、その成分ごとに使用用途と体に出てくる症状について、解説するとともに、よく耳にするVOCについてもわかりやすく紹介していきます。

床下の原因

床下では、土台に対する防腐処理やシロアリ対策がシックハウス症候群の原因となることが多いようです。シロアリ駆除に使う化学薬品が、気化しそれによって症状が表れます。人によっては、薬品の臭いがするという人もいるくらいです。そんなシロアリ駆除についてと、土台を守るためにするはずの防腐処理が原因になることについて、解説していきます。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の原因
室内の原因
家の見えない部分の原因
床下の原因
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする