シックハウス症候群

屋内での原因

屋内でのインテリアにこだわっているときには、壁紙はどうしようとか迷ってしまいますよね。でも、壁紙を貼る時の接着剤などにはこだわったりはしないですよね。でも、接着剤にもホルムアルデヒドが含まれているので、シックハウスの原因になるんですよ。いくら法律でホルムアルデヒドの使用制限がつけられているとはいえ、やはり心配になりますよね。そのほかにも、シックハウスの要因となっているのがハウスダストです。ハウスダストは屋内にある塵のことで、カビやダニ・細菌などがあげられます。住宅の機密性により結露が起こったりした場合に、カビの温床になりそこから空気中にカビの胞子などが飛びます。その胞子を吸うことにより症状が出てくることもあります。

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドとは

ホルムアルデヒドは、それ自体では刺激臭がある無色の気体です。このホルムアルデヒドは水溶性で、ホルマリンなどはこのホルムアルデヒドが水に溶けたものを言います。この水溶液などは、毒物及び劇薬取締法により医薬用外劇物としての指定も受けています。人体における被害としては、液体ではその刺激性から粘膜などに対する炎症を引き起こし、気体としては、呼吸困難や目、気管支などに影響を及ぼします。

ホルムアルデヒドの使用目的

このホルムアルデヒドは、接着剤や塗料、防腐剤などの使用目的があります。なぜ、接着剤でホルムアルデヒドを使用するのかというと、接着材の乾く時間を、ホルムアルデヒドを混入させることによって、簡単に調節できるという点があります。また、値段も安く済みます。ほかには、家を建築するときの木材が腐ったり痛んだりするのを防ぐために、防腐剤として使用することが多いです。

この防腐剤や、接着剤などのホルムアルデヒドを使った建材を使用し、建材からの気化したホルムアルデヒドが人体に悪影響をおよぼします。ホルムアルデヒドは、低濃度でも人体に悪影響を及ぼすので、シックハウス症候群の原因物質の1つとして認知されています。現在では、法律により使用制限が課せられていますが使用を禁止したわけではないので、注意をはらっておくべきでしょう。また、ホルムアルデヒドは発がん性があると警告をされている物質のひとつであるということも、知識として知っておくといいのかもしれませんね。

ハウスダスト

ハウスダストとは

ハウスダストとは、目では確認できないほどの小さなほこりのことを言います。このほこりの中には塵、ほこり、ダニのしがい、カビの胞子、ダニのフンなどがほかにも多くの種類のものが空気中に浮遊しています。通常ではアレルギーの原因となっているもののひとつに挙げられます。

ハウスダストと高気密住宅

現在では住宅の機密性の高さから、掃除をしても目に見える汚れは落とすことはできても、常に換気をしていなければこのハウスダストを除去することはできません。機密性が重視されているので、部屋は暖かいのですが空気の循環する場所が窓のみになってしまい、空気中を浮遊するハウスダストはそのままの状態で残っていることが多いのです。ほかにも、機密性の高さから結露することが多くなります。この結露することによってカビが増殖する原因にもなったりします。

よく窓が結露していますよね?その下を見ると黒カビが繁殖していませんか?そんな、カビが胞子を出すことによってもこのシックハウス症候群の症状を引き起こすこともあります。これはアレルギーになる可能性が高いのですが、住宅の機密性が良くなっている状態を自分なりに知っておく必要があり、それによってどのようなことが起こりうるのかを考えることが必要になってくると思います。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の原因
室内の原因
家の見えない部分の原因
床下の原因
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする