シックハウス症候群

家の見えない部分の原因

住宅を建築しているところに家族で、できばえや現状を見に行くことはありますよね?そこで、建築中の写真を撮ったりビデオを撮ったりしますよね。でも、それを後で見てわかることといえば建築の方法だけなのです。使用した建材などの状態や塗料などはまったくわかりません。家を受け渡しされてからその木材などを調べるとなると穴を開けたりしなければならないので、新築で建てた場合にはそんなことはしたくないですよね。でも、シックハウス症候群になってしまった場合はそんなことは言っていられません。そのためにも、家を建てる場合には建材についての知識やその他の使用する塗料などについても考えてより健康な家を建てたいものです。

住宅で使われる化学物質とその使用方法

住宅で使用される化学物質はかなりの種類があります。使用されているところといえば建材の防腐処理や、断熱材やグラスウールなども化学物質です。塗料や接着剤にいたってはシックハウス症候群の原因としてよく名前を聞くものも多数あります。シックハウスの原因となっている物質についても法律のきめた範囲内であれば使用が許されています。しかし、法律を守っていたからといって注意することにこしたことはないはずです。そんな化学物質について起きうる症状とその使用目的等を解説します。

トルエン

トルエンはペンキなどの塗料や接着剤、殺菌剤等のようなものを溶解することができる媒体として使用されています。溶解とは固形物や固まったものを水などの水溶液に入れることによって溶かす働きのことを言います。このトルエンは毒性が強く、中毒性が高く吸入することにより強い吐き気をおこします。トルエンは地下水脈の汚染や土壌汚染などによっても体内に入る可能性があり、そのほかにも、建築で使用した塗料や建材からの気化により体内に取り込まれます。

キシレン

キシレンは無色の透明な液体で、主に油性の塗料やシンナーなどの溶剤として使用されます。毒性は強く、倦怠感や吐き気をおこします。また、このキシレンという化学物質は薬剤などの原料としても使われていました。現在では人体に無害なものに変わってきているそうです。

可塑剤

可塑剤は建材を加工しやすくするために使用します。読み方は「かそざい」と読みます。この可塑剤は塩化ビニールやプラスチックなどの柔軟性を与える物質として利用されています。毒性は弱い化学物質ですが化学物質過敏症の原因の一つとして上げられます。

有機リン系薬剤

この有機リン系薬剤は住宅の建材などの保存料として使用される物質のひとつとして上げられ、また蟻の駆除などに使う防蟻剤にも含まれている化学物質です。シックハウス症候群の原因のひとつです。この有機リン系薬剤は毒性があり、これを吸い込んだ場合には頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れます。

ピレスロイド系薬剤

主に有機リン酸薬剤と同様に住宅の建材の保存剤として使用され、また防蟻剤としても使用されています。この薬剤が一番良く使われる場所は防蟻剤になります。人体に与える影響としては頭痛や鼻炎などの症状が現れます。

VOCについて

VOCとは日本語訳で『揮発性有機化合物』といいます。これは、常温で気化する有機化合物のことをいい、この中にはシックハウス症候群の原因とされているホルムアルデヒドやトルエン、ベンゼン、キシレンなどと言ったものも含まれています。このVOCの特徴としては、油などを溶かしたりすることができるので、塗料などの溶剤などに多く使われています。また、VOCにはアルコールなどといったものも含まれているので、シックハウス症候群の原因のみではなく、揮発しやすい有機化合物のことを総称してVOCといいます。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の原因
室内の原因
家の見えない部分の原因
床下の原因
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする