シックハウス症候群

シックハウスでの室内インテリアの選び方

インテリアを選ぶときにもシックハウス症候群の症状が出てきている場合には、注意が必要となります。インテリアといってもいろいろな化学薬品を使用している場合があり、その化学薬品によって気分が悪くなったりする場合があります。家具だから大丈夫というわけではないのです。むしろ、家具だから気づかないと言ったほうがいいのかもしれません。インテリアについては、選ぶ段階でもどんな素材が使われているのか、防腐処理などは行われているのかどうかなどを、知ってから選ぶことが必要となってきます。

床材の選び方

シックハウス症候群になり、家の建て替えはできなくても床材などの変更はできますよね。床材などに使用されている合板などには、接着剤の溶剤として使用されているホルムアルデヒドなどが原因となってくるところがあります。床材を変更したいと思ったときには、合板よりも割高ですが無垢材などの床材を使いホルムアルデヒドなどを撤去するべきでしょう。無垢材などの自然素材の、床材にすることで少しでも化学物質の発生を抑えることができます。

畳についても防腐剤などを使用している場合があります。そうした場合には、自然素材のみを使用した畳などがありますのでそちらの使用を検討されるべきです。しかし、防腐処理がしてはいないので、畳の手入れをする必要があることをお忘れなく。

壁紙の選び方

壁紙もデザインで選ぶのでなく、接着剤や使用している壁紙の素材などについて調べ、化学物質を使用していないものを選択することが必要となってきます。通常の壁紙は塩化ビニールクロスというものを使用しています。これは、下地の木材の呼吸を妨げているために、木材本来の湿度の調整機能が働かないといったものがあげられます。そこで、なるべく自然素材である紙や布などを用いた壁紙を選択し、木材本来の調整機能などができるように施工するべきです。また、接着剤についても化学物質などを使用していないものを使用するべきです。壁紙には化学物質が含まれていないのに、接着剤は化学物質じゃ意味がありませんよね。壁紙を選ぶときにはその壁紙と接着剤の両方に気を配ることが大切です。

家具の選び方

家具といってもいろいろなものがあります。木材を使用しているものには防腐処理が施されている可能性もあります。また、接着面にはどんな化学物質で接着しているのかもわかりません。家具の塗装についてもそうです、どんな溶剤が使用されているかわからない状態ではいつ具合が悪くなるかわかりません。購入前には、その製品について調べ、どのようなものを使用して作られているのかを知る必要があります。製品によっては自然素材のみ使用と、うたって販売しているものもあります。製品についてよく知ることで購入を決定しましょう。

輸入家具

輸入家具やアンティークの家具などについては製品の情報自体を調べることが困難になってきてしまうので、シックハウス症候群などの症状が出ている場合にはオススメできません。どうしても、ほしい場合には買ったあとに何らかの処理をすることになる可能性があるので買うときにはそれなりの覚悟が必要となります。

カーペットやカーテンなどの選び方

カーペットやカーテンなどにもごく少数の製品ですが化学物質を発生させるものがあります。カーテンでは一部の防災用のカーテンに化学物質が含まれています。カーペットには裏側に使用されている合成ゴムなどから化学物質が県質されるそうです。これらの製品については製品情報などに記載されているので確認のうえ購入してください。

そのほかのインテリアの選び方

インテリアを選ぶときの手段はいろいろですが使い勝手やデザインなども重要な選ぶときの要素ですがシックハウス症候群や化学物質過敏症の場合にはその原因である化学物質を避けることが重要だということを頭に入れて選びましょう。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
建築後のシックハウス対策
シックハウスでの換気の注意点
室内インテリアの選び方
ハウスダスト防止の掃除
トップページ


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする