シックハウス症候群

シックハウス症候群

シックハウス症候群は、どんな人でも成り得る可能性のある病気です。シックハウスとは、簡単に言うと家を建てる時に使われている化学物質に体が反応し、いろいろな症状を出す病気です。シックハウス症候群はある日突然襲ってくる病で、その症状も人によっては異なります。そんなシックハウス症候群の現状と対策などを解説していくサイトです。あなたやその家族がシックハウスで苦しまないためにも、原因とその対策を知る必要があります。

シックハウス症候群の現状

シックハウス症候群はどのような病気なのか、知らない人は多いと思います。『シックハウス症候群』の病状はさまざまです。もしかしたら、自分自身や周囲の人がシックハウス症候群だと気づくことができるきっかけになれば、と思います。この病気になってしまうと、これ以外の病気を誘発してしまう可能性が強くなり、悪循環に陥ってしまいます。また化学物質により、かかる化学物質過敏症についても説明しています。この症状の原因は何か、どんな症状が出てくるのか、そして、シックハウス症候群とはどのように違っているのかなどについて紹介していきましょう。このカテゴリーでは、シックハウス症候群の症状に関する事柄を説明しています。

シックハウス症候群の原因

もし、あなたがリフォームや家を建てるとき、完成後の新たな生活への期待やできばえが、ワクワクすることでしょう。しかし、期待して建てた家もシックハウスの脅威にさらされてはいませんか?シックハウス症候群の原因は、家を建てるときやリフォーム、害虫駆除などに使う化学薬品です。その化学薬品が壁や柱などの建材、害虫駆除に使用した薬品などが熱により気化し、その気化した化学薬品を含む空気を吸い込み続けることによりシックハウス症候群が発症します。このカテゴリーでは原因である化学物質の種類とその使用用途を部分別に分けて解説します。また、法律で定められている基準値などを紹介していきます。

建築前のシックハウス対策

シックハウス症候群にならないためにも、家を新築するときには建材や塗料など、家の各部分にもその素材を選ぶことが重要です。家を建てようと思ったときに、皆さんは間取りや外見を重視したり、内装やインテリアにもこだわりを見せますよね。そんなこだわりを木材や壁紙の質などに向けてみてください。シックハウスの原因になる成分が含まれていませんか?シックハウス症候群になりそうな成分に囲まれて生活していきたいとは思いませんよね。もし、赤ちゃんや子供が生活するうえで安全な生活環境を提供して、健康にすくすくと育ってもらいたいと思いますよね。そのためにも、建材や塗料などにも目を配って安全な新居を建てることが重要になります。このカテゴリーでは、シックハウス症候群にならない為の自然素材や化学物質を使っていない建材、シックハウス症候群対策のための設備などを紹介していきます。

建築後のシックハウス対策

家を購入したり、アパートを借りたりしたときには、自分で建材や塗料などを選ぶことはできませんよね。引っ越したからといって、絶対にシックハウス症候群になるとはいえませんがもしものことを考え、自分なりにシックハウス対策をするのもいいと思います。シックハウス症候群になってから対策をするよりも、頭の中に少しでも病気のことを入れておくと、どんなときでも対応できるようになります。アパートなどでは大掛かりなシックハウス対策はできません。でも、予防方法はまだあります。日常生活のなかで気をつけていればシックハウス対策ができるのです。少しでも今できるシックハウス対策を行って、安全で健康な生活を送りたいですよね?このカテゴリーでは、日常でできるシックハウス対策を紹介していきます。

Copyright 2007 sickhouse-book.com All Rights Reserved.
シックハウス症候群の現状
シックハウス症候群とは
化学物質過敏症との違い
シックハウス症候群が要因となる病気
シックハウス症候群の原因
室内の原因
家の見えない部分の原因
床下の原因
建築前のシックハウス対策
壁紙の選び方
木材の選び方
塗料の選び方とその対策
シックハウス対策の設備と環境
建築後のシックハウス対策
シックハウスでの換気の注意点
室内インテリアの選び方
ハウスダスト防止の掃除
LINK


-----------------------------------


その他のサイトを検索

このサイト内を検索

-----------------------------------

このページをブックマークする